☆アーティスト矢沢永吉の魅力を例えたら☆

☆矢沢永吉の魅力とは?☆

オレの勝手な解釈ですけど
矢沢永吉の魅力を何かに例えるとすれば
それは【極上のウィスキー】がピッタリだと思うんですよね。

まぁ別にブランデーでも焼酎でも構わないんですが(笑)

ガツン!と来る焼ける様な喉越しに刺激が強いけど芳しい香り。

人によっては、その独特の風味が苦手という方も居るけど
(我々の様な)愛好家には堪らない逸品。

何より酔い方、酔わせ方がハンパない憎い代物と言ったトコでしょうか。

ネット上で

「矢沢永吉なんて何が凄いの?」と

のたまう人を時々見かけるので、こんな記事を書いてみましたが
オレに言わせれば矢沢永吉の凄さが解らない人っていうのは
(好き嫌いは個人の自由である事を前提に)
大人の味を知らない退屈な人って感じですかね。

それに極上な逸品を味わうのなら嗜む方の味覚も確かな物でなければならないし。

つまりは、そういう事です。

まぁ本当の子供だったら解らなくて当然だし勿論、立派な大人にだって

「お酒なんて何が美味しいのか解らない」

という人も居らっしゃるので一概に、そう言い切れないかもしれませんが。

またその昔、我がblogで

【YAZAWAのロックは大人の嗜み】(←我ながら名言!w)

って書いた事が有るんですが

要するに矢沢永吉というアーティストは【大人の魅力】に溢れていると言いたい訳で
YAZAWAの魅力を本気で理解する為には
オーディエンスも、それなりに大人の感覚が必要かもしれませんね。

男なら女を必ずイカせて女は男にいっぱいイカせて貰ってる人が
永ちゃんの魅力を真に理解出来るんじゃないかと。えっ?違う?(笑)

ま、それはさておき

だた、その【極上の生命の水】である永ちゃん当人が
近年、気球コントとかB29コントとかゴレンジャーとか意味解らん【お通し】【おつまみ】を一緒に振舞ってくるもんだから

「極上な逸品を味わいたいのに風味を損ねる様な肴は勘弁!」

って思ってるファンはオレだけじゃ無い事でしょう(爆)

UnsplashでAnthony Torresが撮影した写真
Anthony Torresが撮影したこの写真をUnsplashでダウンロードする
女達のトラベリン・バス Anecdote of MARIKO (ハート)愛の唄
傷心の麻理子が親友、遥子に連れてこられた場所、そこは年末の日本武道館。誰もが知っている、あの【カリスマ・ロック・スター】の唄、そして生き様に魅せられた者達との出逢いを通して麻理子の人生の新たな扉が今、開かれる。笑いあり。涙あり。お色気あり(笑) ページから音楽、そして拍手と歓声まで聴こえてくるかの様な新感覚ノベル。著者...

コメント

  1. コウジ より:

    こんばんは(^O^)
    まさに、AKIRAさんの仰有る通りだと思います!!
    俺も、全くの同感でございます(笑)
    矢沢永吉ファンが永ちゃんを批判するのは許せますが、矢沢永吉の矢も知らない人間が、永ちゃんを批判するのは、何故か許せません(-_-;)
    好き嫌いあるかも知れませんが、永ちゃんのことを聴きも知りもせずに、批判ばかりする奴は、個人的に殴りたくなります(笑)
    まぁ~俺もあまり人のことは言えませんけどね(^^;)

  2. ハルモニア より:

    一言で言い表すのは難しいですが、私なら『ロックなシンガー・ソングライター』ですかね(笑)
    色々なタイプの曲が書けて、表現力も多彩。だから『矢沢は矢沢』的な言い方は好きじゃない。なぜか?“時間よとまれ”にせよ“This Is A Song For Coca-Cola”にせよ、本人がCMに出ずとも、YAZAWA周辺の話題を何も知らずとも、一瞬で大衆は惹き付けられたでしょ?最大の魅力はそこですよ。
    勿論、個人的な思い入れはあります。“「マブ」”は“ビブロス・ピープル”へのアンサー・ソングだと勝手に思い込んだりしています(笑) あの歌が楽観的な結末で、救われる思いがしました。

  3. AKIRA より:

    コウジさん♪^^毎度です
    http://ameblo.jp/misato1985rocknroll/
    同調して頂きセンキューどーも(笑)
    そもそもファンでも無ければ、よく知りもしない奴は批判所か言及する資格すら無いとオレは思ってます。
    何故なら知らなきゃ根拠を示せない。根拠が無ければ、それは批判とは言わないからね。
    >俺もあまり人のことは言えませんけどね
    ファンであれば想いは十人十色。色んな意見が出てくるのは当然でしょ
    極一部の頭の悪い矢沢信者は批判と中傷の違いが判らないからねぇ
    コウジさんはこれからもコウジさんのスタイルを貫けばヨロシ

  4. AKIRA より:

    ハルモニアさん♪^^毎度です
    >『ロックなシンガー・ソングライター』
    成程
    確かにメロディと歌声だけでも抜群の存在感を発揮してますよね
    YAZAWAとゆうイメージは却って一般人には余計な先入観を植え付けているとゆうのも事実ですからね
    個人的には、そのイメージもYAZAWAの売りだと思ってますが

  5. ゆきずり♬ より:

    あの、ブルースカイの時の気球はね、私は泣いたんだよ・・・
    何故か「 永ちゃん」・・・
    って泣いてしまった・・・なんでだろ???
    永ちゃん、高いとこ苦手なのに無理して必死で声が出てなくて・・・
    でも、子供心のあるああいう 永ちゃんが素敵だな(#^.^#)
    AKIRA は大人感覚だからな~
    永ちゃんの「ガックっ」とさせるとこも次はって期待持っちゃうんだよね~(笑)
    流石~とガクっの絡み合い・・・(笑)

  6. AKIRA より:

    ゆきずりさん♪^^毎度
    >私は泣いたんだよ・・・
    情けなくてか?(爆)
    >無理して必死で声が出てなくて・・・
    声はバンバン出てたろうがよ全く歌えて無かったが
    DVDで確認してみ永語のオンパレードだから(笑)
    それに歌えてなかったのはイヤモニの不具合が原因だし第一、高いトコ苦手だったらハナから気球コント自分からやろうなんて思わねぇって(爆)( *´艸`)
    >流石~とガクっの絡み合い・・・(笑)
    あぁ、そら全く以てその通りだワ
    期待出来なくなったらファン止めるし止めなくてもライヴには行かなくなるからねぇ
    今年も武道館、期待してるし

  7. ゆきずり♬ より:

    DVD、AKIRA の姿しか覚えてない~
    武道館のコメント楽しみにしてます

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました